宮 島 敏 プロフィール

 長野県伊那市出身。科学の道を志しながらも、病に倒れた兄に代わり日本酒「信濃錦」蔵元の四代目として約40年その醸造に携わり、信州の大自然を体現する『土着の蔵』として独自の世界観を構築。
 信州の大自然の素晴らしさを伝えたいとの思いが高じ、中学生の頃から親しんできた写真活動を2015年頃から本格化させる。
 各地からの雄大なパノラマ写真が高く評価され、山雑誌の『岳人』『山と渓谷』などに掲載。
 地元の観光施設各所のみならず、長野県庁観光部のエントランスの壁には横幅約6メートルの大きなパノラマ写真が複数掲示され、2022年春よりは伊那市の公式ホームページのヘッダーおよびフッター画像として採用されている。
 2020年に山行での山座同定の一助とすべく自ら開発した「電子巻物」を発表し、山雑誌『山と渓谷』などでも紹介されている。
 また、酒造家およびネイチャーフォトグラファーとしての活動から、2019年に長野伊那谷観光局マーケティング責任者に任命され、総合産業である観光業を通して、伊那谷を持続可能なエリアとする取り組みを行っている。
 2020年に、これから歩むべき道を綴った「SDGs その先の未来へ」を著し、「第3回 エコプロアワード」において最高賞である『財務大臣賞』を、「脱炭素チャレンジカップ2021」において『奨励賞』を受賞し、また2022年には「信州ブランドアワード2021」において「脱炭素」をテーマとした『しあわせ信州 部門賞』を受賞するなど、次の時代へ向けての提言にも力を入れている。
 若き頃より書芸に親しみ、座右の銘は『過ぎたるは猶及ばざるが如し』。

 酒 造 家

・1991年 酒造米の契約栽培を開始し全ての仕込みを特定名称酒とする
・2004年 低精白米による純米醸造酒の製造を開始する
・2005年 全ての酒造米が、いわゆる無農薬もしくは減農薬での契約栽培米となる
・2006年 全ての仕込みを醸造アルコールを用いない純米醸造酒とする
・2019年 NAGANOものづくりエクセレンス に認定される
・2020年 エコプロアワード において最高賞である『財務大臣賞』を受賞する
・2020年 脱炭素チャレンジカップ において『奨励賞』を受賞する
・2022年 信州ブランドアワード において 脱炭素 をテーマとした『しあわせ信州部門賞』を受賞する

 ネイチャーフォトグラファー

・『 岳 人 』2019年9月号 60-61p「南アルプス 展望ハイキング」掲載
・『 岳 人 』2019年11月号 74-77p「パノラマの名山 木曽駒ヶ岳(西駒ヶ岳)」掲載
・『 山と渓谷 』2020年8月号 175p「hutte やまびこ『電子巻物の魅力』」掲載
・『 岳 人 』2021年8月号 72-75p「パノラマの名山 -山頂からの展望- 北岳(南アルプス)」掲載
・『 山と渓谷 』2021年11月号 100-101p「山岳展望のABC」掲載
・『 岳 人 』2022年10月号 48-51p「パノラマの名山 入笠山」掲載
伊那市公式ホームページ のヘッダーおよびフッター画像に採用

※ 超長尺パノラマ写真掲示先(幅3m以上のもの)
  長野県庁 本館棟2階 観光部エントランス(長野市南長野)
  長野県美ヶ原自然保護センター 美ヶ原駐車場休憩室(松本市入山辺)
  株式会社ビクセン 本社工場(埼玉県所沢市)
  中央アルプス ホテル千畳敷 展望テラス(駒ヶ根市赤穂)
  カモシカスポーツ 山の店 松本店(松本市和田)
  みはらしの湯(伊那市西箕輪)
  みはらしファーム「とれたて市場」(伊那市西箕輪)
  道の駅 南アルプスむら(伊那市長谷)
  産直市場 グリーンファーム(伊那市ますみヶ丘)

 作 成 動 画 ( YouTube )

『 SDGs その先の未来へ 』 日本醸造協会様経営セミナー
『 超玄 と 和三本 に込めた思い 』 低精白純米への思い
『 西駒山荘へのいざない 』 宮下杜氏が小屋番を務める山小屋への道

〒396-0025 長野県伊那市荒井3629番地1
土着の蔵 信濃錦 蔵元 合資会社 宮島酒店
TEL.0265-78-3008